《当店で使用している革について》
  • 原産国 : イタリア

  • 鞣し製法 : 植物タンニン鞣し

  • 種類 : ステア(ショルダー)

イタリア古来のオイルドレザー "Vacchetta"(バケッタ)製法を忠実に 復刻した革です。 化学薬品ではなく、植物性タンニンを用い時間をかけて鞣された革に、 純度の高い牛脚油で時間と手間をかけながらゆっくりと加脂しています。 この製法はオイルが抜けにくく、使い込んだ時の色艶の上がり方が大変綺麗で、美しくエイジングします。

《革のカラー、素材》

Pueblo プエブロ
革の表面を加工してあるためザラザラとした手触りのマットな質感です。光沢も最初は殆どありませんが、艶の上がり方が非常に早く、使い込むとしっとりとした手触り、色も深くなります。

(上段左から)キナリ、キャメル、イエロー、ターコイズ、レンガ
(下段左から)オリーブ、クロ、レッド、モスグリーン、チョコ、ネイビー

Habana ハバナ
あえて染料ムラになるよう染色し、ヴィンテージな雰囲気の素材となっています。柔らかく、なめらかな手触りです。生前の傷や痕の多い皮を使用し、それがさらに革らしい風合いを醸し出しています。

(左から)ダークキャメル、ダークブルー、ダークレッド、グリーンイエロー

Nebbia ネビア
表面にワックス(天然素材)加工により、白く霧のように覆われています。使い込んでいくと少しずつワックスがなじみ、もともとの革の色が表れ、艶もあがっていきます。柔らかい革です。

(左から)サーモン、マロン、クロ

Liscio リスシオ
表面はスムースでつるつるとした手触りです。最初はハリのある質感ですが、使い込むと柔らかく変化していきます。

(左から)キナリ、キャメル、チョコ、クロ

Box ボックス
表面にシボと呼ばれるシワの加工が施してあり、柔らかい手触りです。しわの入り方は均一ではなく、同じものはありません。

(左から)キナリ、キャメル、チョコ、クロ

【ご注意点】

顔料などは使わず自然な風合いを優先しているため、首のシワや血管の筋痕、先天的な傷などが表面に見られ、親水性が高くシミや傷がつきやすい素材です。 衣類等に色移りの可能性がございます。 汗や雨などによって製品が湿っている状態ですと、特に色移りしやすいので白色など色味の薄いお召し物には十分ご注意下さい。 また、長時間紫外線に当てますと退色・変色の原因となりますので、ご注意下さい。 多量の水分はカビの原因となります。 濡れてしまった場合は、すぐに乾いた布で拭き取り、陰干しをして下さい。 ドライヤーや直射日光にあてるなどの行為は風合いを損ねる原因となりますので、避けてください。

【ご使用に当たって】

オイルを多く含んでおりますので、基本的にクリームを塗って頂く必要はありませんが、 フッ素系の防水スプレーを定期的にかけて頂くとシミや汚れ付着の防止になります。 使用される際は使用方法をご確認頂き、噴霧がムラにならないよう十分ご注意下さい。